福岡生活

今回は結構飲んで馬鹿やって、ってな感じで(いつもかな?)怒涛の4日間でした。

でも何人かの人とは結構まじめに色々話して、良い刺激をもらえたなーと。この刺激は自分の中できちんと生かしていかないとな。言葉で言うのは簡単やから、行動で示します。結果は3年後。

4月からは休み無しの生活が始まる。みんな驚くけど、前の仕事に比べればそれでも全然楽な方だし、そうなったのは結構自然な流れ。
おれはやっぱりそんなに「うまく生きていく」ことができない人間だと思うから、ただ今はまじめにがんばるしかない。
やるべきことはきちんと見えてる。
今回の福岡生活でまた新たにやりたいことも増えた。

「保証の無い世界」

そんな中で生きていくのは、ある意味で不安だが、自分を追い詰めるには丁度いい。
おれは自分自身を追い詰めることで、やっとがんばれる人間だから。

今回刺激をもらったのも、そんな世界で生きていってる人たちだ。
どこかに不安はあるのかもしれない。でも彼らはそんな不安をまったく見せない。逆に彼らの「覚悟」が見えた。

誰かがどこかへ連れて行ってくれるわけではない。
流れ流れても意思が無ければ意味がない。

おれも彼らに良い刺激を与えられるように。
そんな生き方を。
[PR]
by oto-no-ha | 2005-03-25 02:01 | dialy
<< 最後の休み 彼らの生き方2 >>