今日の夢

多分この星のどこか 夕暮れの海岸 水平線に二つの太陽 一つは赤く 一つは青く

僕は言葉を忘れ ただ 日が沈まないことを願う 

この美しさが 永遠に続くことを願う 

ふと我に返り 僕は静かにシャッターを切る

「本当に素晴らしい景色と出会った時、カメラに頼る必要はない。
ただ心のシャッターを押せばいい」
 
そんな風にだれかが言っていた。
「まー、わからんでもないな。しかしちょっとくさいよね」くらいに思っていたその言葉は
夢から覚め、初めて心からの理解に至る。

例えあの景色が僕らが「現実」と呼んでいる世界のものでなくても

写真に残すことのできない景色だとしても

僕の心には深く刻まれ

「現実」の世界にいても容易に思い出すことが出来る。



目を瞑って見えるモノ それは自身の想像力だと思う

夢はどこに繋がるんだろう?



とりあえず旅にでよう。

見たことのない景色を見よう。

早ければ早い程いい。

そっからの長い人生、心の中にずっと「それ」を抱いて生きていける。

9月は残念ながら我慢。来年2月、旅立ち。

プレ世界一周地球の旅。本番はいつか嫁さんと。

東京から東周りで福岡に帰ろうか。
[PR]
by oto-no-ha | 2005-06-29 11:08 | dialy
<< 常連のお客さん moochy 5 hours ... >>