鬼の19連勤

をやっと終え、ついに明日は休みでございます。
しかしotonohaのweb制作に費やさなければならないのであります。

僕の職場は(ほんの一部のお金持ちの人を除いて)非日常の空間です。
そんな非日常の中で働いていると、今まで思うことのなかった考えや、感覚や、価値観や、思いが、浮かんでは消え、時に体に染み込み、そんな感じで、やっぱり世界はソウイウ感じでできてるのかなーと、納得すればするほど、僕はどこか冷めていくのです。

最初の旅から帰ってきて、戦争が起こるのは仕方がない、と僕は思うようになりました。
人には欲があるから  そして人は自分の信じた世界を生きているのだから  世界のシステムは つまりドラえもんにおけるジャイアンとのび太君のような、 しかしかれらは時に仲良く 秋葉系とギャルのような ブッシュと山田君のような

僕はどこにも行けず、 どこか一つの価値観に留まることを恐れ さー世界はどうしたもんかねと 何となく思ったり 思わなかったり

仕事は順調 勤務時間は長いしきついけど それだけ自分のためになってるし 毎朝「よっしゃ今日もやるぜっ!」って 気合い入ってて みんなとは仲良くやってて もしかすると五年後にはフランス行ってて 修行して その帰り道に イタリア スペイン モロッコ パキ インド 中国 東南アジアなどで いろいろな料理を学びながら何年かかけて日本にたどり着いてみるのも面白いかな と思いつつ
 
さー やっぱり世界はおもろいね と思うよね

ここが福岡で良かった
生まれてこれて良かった
みんなに会えてよかった



 
今から僕の職場で皿洗いをやってるネパール人 クシマン・グルンと焼き肉食べに行きます。下の写真は彼の家の近く、ポカラの山の上に住んでる一家にお世話になったときの写真。俺、若い、髪、長い、。、。
c0033590_15321235.jpg

みんな毎日カレー食ってんだもんなー
[PR]
by oto-no-ha | 2006-07-02 02:25 | dialy
<< サッカーボール便の行方 食品衛生責任者 >>