15分間の夢

朝8時半に目覚ましが鳴った。

しかし

そのまま二度寝 ZZZZZZZ.......

僕は妹と二人、乗り合いトラックの荷台に乗っていた。
しばらく走っていると右手に海が見えてきた。

懐かしい

と僕は思った。

海沿いに走る車道、ビーチはいくつかにわかれ、それぞれのビーチではブラジルで見たカーニバルのように、たくさんの人が衣装をまとい踊っていた。


c0033590_0305218.jpg

こんな感じの人たち。。。大勢で。。。

「今日はお祭りなんだ」と運転手は言った。

僕は最近購入した一眼デジカメで、目の前を流れていく風景を撮った。

僕らがおろされたのは一番端のビーチで、運転手は
「ここは一番寂しいビーチなんだ。」と言った。

僕と妹は運転手にお礼を言って、にぎやかなビーチを目指し歩いた。
途中には土産物屋や飲食店が並んでいたが、どこも閑散としていた。

そこから一番近くのビーチでは音楽が鳴っていた。
僕と妹はそのビーチで踊り、砂浜に映るVJの映像をおいかけた。

ふと、眼を覚ます。

時計を見ると8時45分。

ヤバい。

急いでひげを剃り家を出る。

時間ギリギリで職場に着き、朝の掃除をしながら、、、あの海は、ずっと昔に夢の中で見た海だ、、、と

まるで列車の窓から見える風景のように、

かつて見た夢の記憶の断片は僕の頭の中に一瞬だけ浮かんで、
またどこか遠い所へと消え去ってしまった。

そして、この時になって初めて僕は気がついた。

そういえば、僕には妹なんていなかったんだ。
c0033590_0353570.jpg
200?/?/? THE BEACH@Koh Phangan , Thailand


いなかったんだ。。。。
[PR]
by oto-no-ha | 2006-09-21 00:24 | dialy
<< HARD DAYS 週末日記 >>