星の王子様

人生で最初の旅に出る直前 バイト先のバーテンダーのちかさんが僕にくれたのは一冊の本だった

c0033590_18191571.jpg


世界は様々な価値観に溢れ 僕という人間はその"様々"の中の一つであって 同時にそのどれとも違っていた 

価値観 の海を泳ぐ

それが世界を形作っていると言っても過言ではない

自然と 自分とは違う価値観を持つ人間を認めれるようになった 
同じ人間などはいないのだから

「色々な人がいるよ」 いつの間にかそれが僕の口癖になった




c0033590_18165196.jpg




様々な価値観の世界を飛回り

時が満ちたら やがてひとつ落ち着ける場所へ舞い降りよう

その場所に根をはり その場所に流れる空気を吸い その場所に降り注ぐ雨を浴びて

この世界に爪痕を残し ゆっくりと ゆっくりと







星の王子様

僕がその意味を理解できるようになったのは ずっと 後のことです
[PR]
by oto-no-ha | 2007-02-14 09:25 | dialy
<< HARDER THAN &qu... またいつか >>