岐路

一昨日、早番で仕事をあがった。
たまたま帰福していた親友のNから偶然連絡があり、大学時代の仲間数人で飲んだ。
一年以上会ってないやつもいた。懐かしかった。
Nは「このタイミングでヒデが早番だったのは絶対に運命だ」と言っていた。
おれもそうだと思った。


昨日は、元インターハイ柔道優勝者でありながら現在はパティシエなんていう変わった経歴を持つ会社の同僚のIと、大分から料理修行に出て来ている後輩のFが「大勢での送別会は苦手だから」と、仕事後、個人的に飲みに誘ってくれた。有り難かった。


今日は後輩のMと朋友Kから電話があって、最近の話をした。
電話で話して初めて、僕らはもう一年以上会っていないことを知覚した。
近々会おうということになった。


明日は仲の良い後輩Tと焼肉でも食おうぜという話をしてたら、Tが久しく会っていない仲間に連絡してくれてて、みんなで久しぶりに酒でも飲もうということになった。


仕事中心の生活を送り、おれからだれかに連絡することなんて滅多になくなって、おれは結構冷たいやつだななんて自分で思ってたりするんだけど、みんなに与えられてばっかりだなーと感謝して、おれもみんなに何かできればなーとも思ったりして。



c0033590_2346458.jpg




見送られることは    きっとこれからもあるんだろうし  なんかおれその度に感謝してます。
おれもっとがんばろ。
[PR]
by oto-no-ha | 2008-06-17 23:47 | dialy
<< 仕事辞めました 再びの旅に出る頃 >>