山本

生と死がリアルに渦巻くヒンドゥの聖地バラナシ

「カオス」

この街ではそんな言葉が自然にでてくる

インドでは己の死を知覚した者は皆、この地を目指す
それほどまでにこの地は彼等にとって特別なのだ

大量生産大量消費、急激なスピードで進んでいくグローバリズム
そしてマスコミュニケーションの発達によって世界の人々の服装が画一化されていく現代

アイデンティティとは?

そんな疑問を消し飛ばしてくれる男とこの地で出会った

c0033590_23574671.jpg


格好良いとはこういう様のことを言うのだ
[PR]
by oto-no-ha | 2005-02-01 00:01 | traveler
<< 世界の終わりとハードボイルドワ... これからの日程 >>